ビーファット(vyfat)120mg

vyfat

ビーファットは、抗肥満薬「ゼニカル」のジェネリック医薬品で、アメリカFDAの認可を受けているダイエット薬です。

ビーファットの有効成分はオーリスタットで、体内に蓄積された脂肪吸収に作用し、余分な油分を30%を吸収せずに体外に脂肪排出します。

糖尿病や高血圧症の予防にも効果効能があるとともに、無理な食事制限をすることなくダイエットができる大変人気の商品です。

また、先発医薬品であるゼニカルよりも安価に購入できるので、手軽に試すことができるのが特徴です。

消化器官に作用する薬ですので、心臓や神経には負担がありません。
脂肪分が消化されず腸を通り抜けるので、軟便や油を含んだおならが出ることがあります。

ビーファットの服用方法

ビーファットの服用方法として、食事中または食後1時間以内に1カプセル服用します。1日3回まで服用可能です。
食事を摂らない場合や、脂肪分を含まない食事の際には、ビーファットを服用する必要はありません。

脂肪分を排出したいからといって、ビーファットを過剰に摂取してしまうと、副作用が強く出すぎてしまったり、体調不良の原因となってしまうことがあります。
必ず1回の食事に対してビーファット1錠という服用量を守ってください。

ビーファットの副作用・注意点

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s

ビーファット自体がほとんど体内に吸収されないので副作用が少ないですが、頻繁で急な便意や胃腸の膨満感、放屁、油分を含んだ便などの報告があります。
特にお尻から自然と油が出るというケースが多く報告されています。

使用上の注意として、妊婦や授乳婦、オーリスタットにアレルギー反応する方、あるいは熱帯性スプルー症や特発性脂肪便症など栄養素の吸収力が低い方は服用出来ません。

また、ビーファットの脂肪排出効果により、栄養分の吸収も弱まってしまうため、過剰摂取などは避けるようにしてください。
ビーファットを服用すると脂溶性ビタミンA、D、E、Kが不足してしまうため、ビタミン剤などで栄養を補うと良いとされています。

ビーファットのまとめ

ビーファットは、痩身薬「ゼニカル」のジェネリック医薬品です。
ジェネリックであるため、効果はゼニカルと同じく「食事に含まれる脂肪分を30%カットしてくれる」というものでありながら、安価に購入できるのがビーファットの特徴です。

安価に効果のある、食事制限なしのダイエットを「ビーファット」ではじめてみませんか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ